Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/7

JINS PARK内「エブリパン」でセパレート型セミセルフ導入(Okage)

2021年7月8日7:00

Okageは、ジンズが2021年4月にオープンした群馬県前橋市の新施設「JINS PARK」内のベーカリーカフェ「エブリパン」に、 商品登録と会計を切り分けたセパレート型セミセルフ仕様の「Okageセルフレジ」を導入したと発表した。スタッフによる商品登録作業と、顧客による会計を切り分けることで混雑の緩和を図る。

ベーカリーカフェ「エブリパン」は、JINS立ち上げ20周年となる2021年、同社創業の地、群馬県前橋市に地域コミュニティのハブとなることを目指しオープンした「JINS PARK」の施設内に併設された。メニューは、約60種のパンを用意。 群馬県産小麦や地元の新鮮な素材にこだわった惣菜パンを中心に、定番の焼きたてパン「いつものパン」や、オーダーが入ってから調理を開始する「とくべつパン」を提供しているそうだ。

セパレート型セミセルフ仕様のOkageセルフレジ利用の流れ(Okage)

今回導入したのは、スタッフによる商品登録と顧客による会計のタイミングを切り分けたセパレート型セミセルフ仕様のセルフレジとなる。顧客はレーンに並びながら棚に陳列さパンの注文カードをトレーに乗せ、レジ受付に預ける。スタッフはパンを確認しながら手元のタブレット画面で該当の商品の登録を行い、ドリンクのオーダーを受ける。全ての商品データを登録し「送信」ボタンを押すと、カウンター内のプリンターから「支払い用QRコード」が発行される。スタッフは顧客にQRコードと商品を渡し、奥のセルフレジにお会計をしてもらうように案内する。

ドリンクやオーダーが入ってから調理する「とくべつパン」は、レジでの注文送信時にキッチンやカフェカウンターへ伝票が送られ、顧客がセルフレジで支払った後にセルフレジ横の受取カウンターにて渡される。

The post JINS PARK内「エブリパン」でセパレート型セミセルフ導入(Okage) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

202110/14

バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30 KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハ…

202110/14

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00 世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今…

ページ上部へ戻る