Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/5

GMO-PGのサービス・企業情報などを WOVN. io で英語化(Wovn Technologies)

2021年7月6日7:10

Wovn Technologiesは、同社のWeb サイト多言語化ソリューション「WOVN. io(ウォーブン・ドットアイオー)」が、GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)の Web サイトに導入され、2021年6月30日より WOVN. io が翻訳した英語ページが公開されたと発表した。

訳作業の DX 推進で海外への効率的な情報発信を実現へ(Wovn Technologies)

GMO-PG では、これまで人力を用いた翻訳で英語サイト運用を行っており、所要時間や工数の削減が課題となっていたという。一方、DX を推進していることや、コロナ禍において Web サイトを通じた情報発信の重要性がより増してきたため、より効率的に英語サイト運用を行うべく WOVN. io の導入に至った。その理由として、用語集機能を活用し、決済や金融の専門用語、固有名詞や固有の言い回しなどを登録することで、翻訳データの蓄積、機械翻訳時のページによる表記揺れの防止、人力翻訳時の効率化を促進できる点が挙げられるという。

また、これまでの、①日本語で情報を作成、②サイトで日本語情報を公開、③人力での英語翻訳、④英語情報の公開という運用フローが、WOVN. io の導入により英語情報公開までの工数が削減され、多くの情報発信において、少ない工数での日英同時公開が可能となる。これら、人力中心の運用から WOVN. io による自動化を取り入れたことは、GMO-PG における DX 推進にも貢献できるとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

The post GMO-PGのサービス・企業情報などを WOVN. io で英語化(Wovn Technologies) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る